先輩社員紹介

true

編集局 書籍第2編集部

西原 康智(25歳)

出身:上智大学  文学部ドイツ文学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    IT系書籍の編集。企画から進行管理、編集、校閲まで、1冊の本の責任者

    「編集者」というと、マンガ、雑誌、週刊誌、小説の編集者はドラマやマンガで注目されますが、実用書の編集者はあまり注目されません。それくらい、ドラマティックで派手なことは、きっと少ないのだと思います。現在の仕事では、常に著者を探し、企画を考えています。それと同時に、著者に原稿をもらったり、本の内容についてアイデアを出したり、「ゲラ」という本の紙面となった校正用原稿を読んで修正したり、カバーデザインをデザイナーと一緒に作ったりしています。本が出版されると、担当した本がどれくらい売れたかチェックしています。そして、次の企画を常に考えています。これが一連のサイクルで、企画は同時に何本も考え、進めます。1つ1つの本はまったく異なり、同じ仕事はないので、常に頭を回して向き合っています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    担当した本が「本」の形になったとき。Webでレビューをみたとき。

    1年目の夏~秋にかけて初めて担当した本が、『改訂新版JavaScript本格入門』という書籍です。初めての仕事では、文字だけが並んだ原稿、下書きの図表、表紙を飾るキャッチコピー、これらの本を構成する部品だけが編集者の手元にはあり、これだけで「本」の姿を想像しながら、編集作業を進めます。そして原稿の編集が終わり、デザイナーの手によって、「本」と同じ紙面やカバーができあがったとき、これまで向き合っていた無機質なテキストデータとの差に、感動がありました。この仕事で次に嬉しかったことは、読んでいただいた読者さんの感想をみたときです。ブログにたくさん書いていただいたり、Amazonのレビューをつけていただいたり、Twitterでつぶやいていただいたり、エゴサ(検索)をしてはひたすら読んでいました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    「修行しなさい」という社長の話があったから

    「本づくりがしたい」ということで、就職活動をしていました。出版業界は、新卒には狭き世界で、ただでさえ大きくない業界に、新卒採用を行っているところは少なかったです。しかし、ここでの面接で社長が言うには、「ここで経験を積んで、たとえ数年後に他社に行ったときでも、恥ずかしくない編集者になってほしい。だから新卒を採るし、ウチで修行しなさい」ということでした。ほかの出版社に比べ、この社長の話は印象的でした。「せっかくなら、ここで編集や本づくりを学びたい」と思って、入社を決めました。正直な話、1番強いジャンルであるIT系の書籍は、知識もなく、入社してからは日々勉強の真っ最中で、大変なこともとても多いですが、新人には「失敗するチャンス」も与えてくれる場所です。

これまでのキャリア編集局 書籍第2編集部所属(現職・今年で3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

いくつもの企業を回り、ESを書き、面接を受けることは、気力も体力も使い果たすでしょう。うまくいったのか何がダメだったのかよくわからず、答えのない試験を受け続ける気持ちになると思います。しかし、就職活動では、企業から選考されていると同時に、学生の側からも企業を選んでいるのだと思います。そう思いながら、面接官や社員の方と真剣にお話ししてみると、世界が違って見えてきて、就職活動の時間がいいものとなると思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • おもにPC書やビジネス書の書籍編集をしています

    true

    編集局 書籍第2編集部

    佐久 未佳(25歳)
    信州大学大学院  教育学研究科 学校教育専攻 卒
  • 書籍の編集。企画から本ができて読者に届けるまでのアレコレを支えます

    true

    編集局 書籍第3編集部

    菊池 陽太(24歳)
    東北大学院  理学研究科化学専攻 卒
  • ソフトウェア月刊誌「Software Design」の編集業務

    true

    編集局 Software Design編集部

    宮島 幸太(22歳)
    信州大学  繊維学部 卒
  • ネット書店担当、配本関連

    true

    販売局 販売促進部 販促管理課

    大友 順也(29歳)
    青山学院大学  経営学部経営学科 卒
  • 読者が求めている書籍を企画し、形にする

    true

    編集局 書籍第2編集部

    山崎 香(26歳)
    宮崎大学  工学部情報システム工学科 卒
  • 書店営業。商品の売り込みから、販売展開の提案まで

    true

    販売局 販売促進部 書店営業課

    峰尾 健一(25歳)
    横浜市立大学  国際総合科学部 国際総合科学科 経営学コース 卒
連絡先:
株式会社技術評論社
〒162-0846
東京都新宿区市谷左内町21-13
採用担当
TEL:03-3513-6155